頭の中の6割が嵐っ!!な、あやかのうだうだ日記。
since 2005.11.03

―ここから続く 新たな未来 広がる その道を歩いて行くのさ―

コメント・メール・Web拍手 大歓迎♪
【プロフィール】内にメールフォームあり!
※コメントは管理人承認制です。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    << 関ジャニ's エイターテインメント ジャム(17.7.15)。 | main | 5。 >>
    デジチケ。
    デジチケ備忘録も残しておきます。
    今後のために。


    まずチケットは席番号の記入がない、QRコード付きのチケットが届きました。
    今回のエイトさんのツアーは『ジャム』で、アルバムもフルーツが印象的なジャケットだったので、
    チケットもフルーツ柄。
    札幌公演はいちごでした。
    (画像は載せませんよー)

    デジチケになったらコンサートの思い出の品として保存したい紙のチケットがなくなるのかと思っていましたが、
    とても可愛いチケットが届いて嬉しかったです。
    今後もデジチケの際にはこの、凝ったデザインのチケットを送ってもらいたいものです。


    さて、実際の動きについて。
    チケットには入場口だけが書かれていました。
    札幌の場合は南ゲートか北ゲート。

    通常、もぎりのお兄さんがいるところに、席番号を出してくれる機械とお兄さんがいました。
    この機械が今回は優秀でした。
    過去のデジチケは不具合がたくさんあったと聞いていたので不安でしたが、
    何の問題もなかったです。

    これまた、ただのレシート紙ではなく、『ジャム』と書かれた大きなレシートが出てきました。
    そこに席番号。

    たぶん指導されてるんだと思うんですが、印刷したレシートは裏返しで渡されます。
    その後がスムーズに入場できるように。
    席の確認を自分でするのは手荷物チェックの列に並ぶタイミングと考えていただければいいかな。

    自分の席を確認した人たちの声が入場する前から外へ聞こえてきていました。
    まぁ、主に歓喜の黄色い声。
    想像するにアリーナ席が印字されたら嬉しさのあまりに声が出ちゃうんでしょうね。
    きゃーーーー!!という声があちらこちらから聞こえてきて、否応無しにドキドキが増します。

    私たちもスムーズに入場。
    お兄さんにチケットを渡してピッとやってもらうと席番号レシートが出てきました。

    スタンド席だったのですぐには自分の席が分からず、私たちは普通のテンションで入場(苦笑)。
    中に入って席の通路番号で確認したところ、かなりの神席だったので、我々は中に入ってから
    「えっ!?えっ!?ちょっと待って!神席じゃないか!?」
    と動揺することとなりました(苦笑)。

    ということで、本当にスムーズでした。
    ひょっとしたらいつもの、もぎりの係員さんにお願いするよりもQRコードの方が早いかも!?


    こらからはドームもデジチケかなぁ。

    席が分からないと、うちわの準備とか気合いの入り方変わるんだけどねー(笑)
    でもデジチケがスムーズならば、これもありかなーという感想でした。


    以上、雑ですが忘備録的デジチケ報告でしたー(^^;)
    0
      スポンサーサイト
      0
        COMMENT